Re:Seulの日々

インテリア(家具、雑貨)&ディスプレイに関すること。
自分が作ったもの(ケーキや、お菓子、ウェディング&オリジナルアクセサリー)の公開やイベント出展情報等を書いています。
Re:Seulの旅人(奥様)の旅行レポートも。

2012/03/17~ 旧サイト(www.sweetoncafe.jp)からブログを移動しました。

フランス・冬のロワール川を鉄道で下る旅(21)

IMG_0510

リエットを挟んだパンは、カフェ・オ・レ一杯で食べるには随分もっさりしていました。でも、大事に大事に飲んで無事完食。これで口にするものの無くなった私は、名残惜し気にカフェ・ド・フロールを後にしました。夕食がこれだけ・・・?では済まされません。ナントからパリに戻る列車でポテチを食べて以来の食事がこれです。もう少しあと何か、を求め、私は夜のサンジェルマン・デ・プレ界隈を歩きました。上の写真はホテル最寄の地下鉄駅(といっても地上駅でしたが)SevresLecourbe(セーブル・ルクルブと読むのが正しいみたいです。前回は間違えて書きました。すみません)駅から見えたエッフェル塔です。これを見るまでに私は少し怖い目に遭いました。

続きを読む>>
旅の記録
author : Jun | comments (4) | trackbacks (0)

フランス・冬のロワール川を鉄道で下る旅(20)

IMG_0507

カフェ・ド・フロールのカフェ・オ・レは、今まで飲んだフランスのコーヒーの中で一番美味しかったです。正直なところ、フランスはパンはどれも美味しいのですが、コーヒーはイタリアに負けると思っていました。が!ここのは濃さと後味がとても良かったです!このカフェ・オ・レを口にするまでにも、小さな驚きがいくつもありました。

続きを読む>>
旅の記録
author : Jun | comments (0) | trackbacks (0)

フランス・ロワール川を鉄道で下る旅(19)

 

IMG_0506

ピンボケしていてすみません。これ、サン・ジェルマン・デ・プレ教会です。そう、オルセー美術館を出ると、外は真っ暗なのでありました。6時台です。私は夕ご飯を求めてさまよい歩いていました。この地区に行けばなんかあるやろ、という無計画のままに。オルセー美術館からこの教会までは、近そうに見えてけっこう距離がありました。周りが真っ暗なので、なかなか着かないとけっこう不安になります。途中のATMでお金を下ろし(つまりほぼノーマネーで歩いていたわけです。こええ~)、私はこの地区できょろきょろしていました。

続きを読む>>
旅の記録
author : Jun | comments (0) | trackbacks (0)

フランス・冬のロワール川を鉄道で下る旅(18)

IMG_0500

座ってコーヒーが飲みたいと思いながらようやく着いたのはオルセー美術館です。私はパリが住みたい街のうちの一つなのですが、その理由がこことルーブル美術館です。これが近所にあってお気に入りの画家の作品がばんばん見れる状況って、すごく羨ましいと思います。しかも、変な見方(ずっと同じ作品を見てるとか)をしていても、一日中入り浸っていても怪しまれない、素敵な空気があります!しかも、ここは30歳以下ということで、私はたった5ユーロで入ることができました。1000円以下です。安っ♪

続きを読む>>
旅の記録
author : Jun | comments (0) | trackbacks (0)

cerises jubile(チェリージュビレ)のレシピ

cerises_jubile_01 

今回はチェリージュビレに挑戦しました。結構簡単に作れるんですね。

チェリージュビレはお約束のように自分たちの披露宴でもつくってもらったんですが、これおいしいんですよね。以前から家でも作れるんじゃないのかな?と思いつつ手を出していなかったので、ネットでどういう感じのものかをベースに色々試してみました。結構うまくいきましたよ。毎度のごとく2人分でレシピを作りました。

 

続きを読む>>
レシピ
author : Taka | comments (76) | trackbacks (0)